• Brazil/Brasil
  • Simplified Chinese
  • Traditional Chinese
  • Europe
  • Malaysia
  • Malaysia

センサータについて

会社概要

社名 株式会社センサータ・テクノロジーズ ジャパン
英文社名 Sensata Technologies Japan Limited
設立日 2006年4月27日(事業開始)
資本金 10億円
役員構成 代表取締役 シャオドン・イエ
取締役 ヴィニート・ナーゴルワラ
取締役 ヤン・エティオンブレ
  監査役  ジョウツウイン
社員数 約140名
事業内容 自動車、家電、産業機器用センサー・制御部品、サーキットブレーカー、半導体検査部品、
および実装用ICソケットの開発、製造販売

沿革

1916年 米国マサチューセッツ州に金メッキ業ジェネラル・プレート創業
1931年 ジェネラル・プレートとスペンサー・サーモスタットの合併により「メタルズ&コントロールズ・コーポレーション」が発足
1959年 メタルズ&コントロールズ・コーポレーションが、テキサス・インスツルメンツによって買収され、マテリアルズ&コントロールズ(M&C) グループとしてTIの事業部となる
1964年 TI-M&C事業部、大阪に営業所を開設し日本で事業活動開始
1968年 日本TI創立
1969年 鳩ヶ谷工場(埼玉県)にてM&C製品の製造開始
1979年 日本TIの3番目の工場として、M&C事業部の工場を静岡県小山町に開設
2000年 事業部名を「マテリアルズ&コントロールズ」から「センサーズ&コントロールズ」に変更
2006年 4月 テキサス・インスツルメンツ社のセンサーズ&コントロールズ事業は、センサータ・テクノロジーズとして独立
2009年 7月 日本エアパックス株式会社より事業を譲り受けパワープロテクション事業を開始
2010年 3月 ニューヨーク証券取引所にて株式公開
2011年 ハネウェル社より車載事業を譲り受け、センサープロダクツ事業部の一部として事業を開始
センサーナイト社より事業を譲り受け、センサープロダクツ事業部の一部として事業を開始
2012年 ウェルズ・シーティアイ株式会社より事業を譲り受け、インターコネクション事業部の一部として事業を開始
2014年 センサータ・テクノロジーズ ジャパンの本社を新横浜(横浜市港北区)に移転、横浜市都筑区にテクニカル・ラボラトリーを開設
2015年 シュレーダー・エレクトロニクスのTPMS製品のサポートを開始