• Brazil/Brasil
  • Simplified Chinese
  • Traditional Chinese
  • Europe
  • Malaysia
  • Malaysia

採用情報

職種について

センサータ・テクノロジーズ ジャパンの代表的な職種を紹介します。同じ名称の職種でも、扱う製品や、所属するグループによって、実際の仕事の内容は異なる場合があります。また、ここで紹介していない職種もありますので 応募時にお問い合わせください。

セールス・エンジニア

顧客に応じた営業戦略の企画・実行、顧客での問題への対応・ソリューションの提案、新規ビジネス案件の発掘や市場動向や顧客の事業戦略に基づいた新製品開発提案の社内展開等を行います。顧客を直接担当する場合や、小口顧客をサポートする代理店(商社)を担当する場合とがあります。製品や市場に関する知識だけでなく、社内外でやり取りを行うためのコミュニケーション能力が必要になります。

アプリケーション・エンジニア

顧客の設計開発技術者への技術サポートを行います。具体的な例としては、油圧などの圧力システムの設計開発を行なっている顧客に対し、どの様なセンシングデバイスが提供できるか、性能/コストなど顧客のニ−ズをいかに充足させ顧客満足を得られるかを目的とします。顧客の技術的ニーズを踏まえての新製品企画・仕様策定等です。顧客とのコミュニケーションのみならず、国内外の製品開発者との円滑なコミュニケーション能力が必要となります。

マーケティング・エンジニア

市場動向や技術動向を踏まえた新製品開発提案、注力分野の特定等、事業戦略に関わる業務です。ある製品を軸にし、その応用分野の開拓、拡販戦略を策定するような職種もあれば、逆に、ある顧客層を軸とし必要な製品の提案を行うような場合もあります。求められる技術的知識も職種により異なり、製品側の知識が必要な場合や、アプリケーション分野の知識が必要な場合もあります。いずれにしても社内外を巻き込み、既存の枠組みに捉われずに新しいことを始めるアグレッシブさや牽引力が重要になります。

デザイン・エンジニア

開発設計を行うエンジニアです。日本だけで開発設計しているものもありますが、多くの場合はワールドワイドでの共同作業となります。例えば、センサ−のコア技術の開発は米国、顧客ニ−ズに適応した最終製品パッケ−ジデザインおよび設計検証は日本で行うというように開発フェイズ毎に分業を行う場合があります。従って、自分の得意とする工程のみにフォーカスするという近視観でものを見ず、工程全体への関心・理解を持つことが重要と言えます。

プロセス・エンジニア(生産技術)

生産に関わる技術開発を行います。新製品開発の為の工程の開発・設計、量産品の特性改善や歩留改善といった工程全般に関わる分野と、使用する部品材料の管理、改善など要素技術開発の分野があります。機械.電子.電気・物理・金属等、様々な技術的バックグラウンドを持ったエンジニアの方がいますが、探究心が仕事を進めていく上でなにより重要になると言えます。

品質保証・エンジニア

製品の品質保証業務を行うエンジニアです。製品の解析分析や、不具合の解明、開発から生産に至る各工程の信頼性保証施策の策定・実行、顧客トラブルやクレーム等への対応等、様々な業務があります。近年は品質に対する各種認定取得、鉛フリーといった環境問題や、RoHS(ローズ)電子・電気機器における特定有害物質の使用制限への対応が、国際的なビジネスを行う上で極めて重要となっています。それらの取りまとめを行うことも品質保証部門の仕事のひとつです。

管理部門

経理・財務、情報技術(社内IT管理)、法務・知的財産、人事、購買、施設、ロジスティクス等、様々な管理部門があり、ビジネスの円滑な運営に貢献しています。 一人一人が分担する範囲の中で創意工夫できますので、それぞれの分野のエキスパートを目指してがんばっています。